独り言日記です。のんびり気ままに想ったこと書き綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | EDIT
活字が読みたい。
何気なく通りがかりの古本屋さんに入って、
特に目当てもなく物色してみる。

気になるのは、外国人作家の文庫本。
中世イギリスから現代アメリカまで。

言語としての英語にはすっかり苦手意識ができちゃったけど、
これでも英米文学科の端くれでしたから。

105円コーナーで手に取ったのは、スティーヴン・キング作品。

小説の映画化されたものは賛否両論だけど、
その映画の原作となる小説は、概して面白い。
とゆーのが定説だと思う。

スティーヴン・キングも然り。

映画があれだけ定評があるんだから、小説も面白いに決まってる。
という確信を感じて、1冊買ってみた。
敢えて、映画化されていないシリーズ物の第1巻を。

これがね、面白いんだよ。
この人、天才だよね。

映画では伝えられない心理描写、背景描写、
とにかく個性際立つ人物描写に脱帽です。

ページをめくる手が止まらない。
仕事中も帰宅途中も続きが気になる。
明日も仕事なのに、朝まで読み耽ったり。
あっとゆーまに全巻読破。

ついでに他のシリーズ物もamazonで大量購入。
学生のころはできなかった、今では「大人買い」だぁ。

無性に映画を観たいときがあれば、無性に音楽を聴きたいときもあり、
けど今は、無性に本を読みたい。

そんな今日この頃。


スポンサーサイト
Entertainment | Trackback(0) | Comment(0) | EDIT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。