独り言日記です。のんびり気ままに想ったこと書き綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | EDIT
幸せになってくれよな 友よ
結婚適齢期な今日この頃、
今年は友人の結婚式が8回もあります。
(6回はすでに終了、残りあと2回です)

ご祝儀と2次会費とドレスや細々したもの等、
果たしていくらお金をかけているのか?
考えたくもない。もはやネタだ・・・。

中でも先週末の結婚式はとてもとても印象的なものになりました。
高校の同級生だった友人Kから新婦側の余興を頼まれたので。

依頼を受けたのは約2ヶ月前、
それからみんなで集まって練習する機会がなかな作れず、
ここだけの話、式の10日前に「わたしだけ辞退するかもしれない・・・」なんて
弱気発言を新婦本人にだけに打ち明けていました。

本当にごめんなさい!

新婦に対しても一緒に余興を任された友人たちに対しても、
辞退だなんてそんな失礼なこと絶対にしちゃいけない!と、
気持ちを改め、今さら焦り始めたのが式の1週間前。

本番の3日前に1度きりの練習を経て振りを頭の中に叩き込む!
寝ても覚めてもダンスのことばかり。
前日からは緊張し始めて働いてても仕事に集中できないし、
一睡もしないまま朝から式場近くのビル裏で練習して、
披露宴の食事はほとんど食べれず味も覚えてない。

ところで余興で何をしたかって?ダンスです。
高校の制服着てルーズソックスはいてダンス♪
モー娘じゃないです。氣志團の「マブダチ」踊りました。

制服着て踊るって案を聞いたときは、
ほんと罰ゲームかと思うくらい拒否反応が出たけどね(笑)

でも、おそろいの制服着るなんて高校友達じゃなきゃできないし、
高校時代を一緒に過ごした時間を思い出してもらって、
制服を着て結婚のお祝いするのはいいアイデアだし、
それにうちの高校の制服は雑誌でも紹介されるほどカワイイと人気だったし、
とにもかくにもマインドコントロール!でなきゃ無理。

実際、みんなで制服&ルーズソックス姿に着替えたらテンション上がるし、
振りは間違えちゃったけど、会場はそれなりに盛り上がったし、
(特に男性陣の受けは良かったです・・・)
なんだかんだで写真撮りまくって10代の頃のようにはしゃぎまくって、
一番楽しんでいたのは自分たちだったかもしれない。

今まで結婚式ってあくまでも受け身だったのに、
初めて主体的に盛り上げられたような(脇役であることに違いないけど)、
思い入れも深くなるし、とても身近に感じることができたかな。
新郎新婦の幸せそうな笑顔には、いっつもやられちゃいます。
幸せいっぱいご馳走様でした。


結婚闘魂行進曲「マブダチ」 氣志團
http://www.youtube.com/watch?v=c5jbIkD4YJI

 三三九度で そこの新郎に告ぐ
 迷わず行けよ 男だったら
 合縁奇縁 そこの新婦に告ぐ
 行けばわかるさ 手鍋下げても

 二人に贈ります 心から
 末永く Believe in love

 三三九度で そこの新郎に告ぐ
 愛の神話は 君から始まる
 合縁奇縁 そこの新婦に告ぐ
 元気があれば 何でも出来る

 二人は誓います 心から
 同じ墓場まで 愛羅武勇・・・

 幸せになってくれよな 友よ
 俺達の自慢のマブダチよ
 君を愛する誰もが祈ってる
 幸せにしてもらいなよ 友よ
 愛のリングの世界王座
 いつか俺らの番まで
 預けておくぜ マブダチ

 晴れの門出の 涙目のお父さん
 心配なさらず シャイなお母さん
 華によろこび 嵐に直向きに
 よくぞここまで ご苦労さんです

 二人は誓います 心から
 ジジイとババアになっても
 二人は踊ります 氣志團で
 シワの数さえも 愛羅武勇・・・

 幸せになってくれよな 友よ
 今日だけは俺少し泣ける
 君が愛する誰もが祝ってる
 幸せにしてもらいなよ 友よ
 夜のリングの世界王座
 似合い過ぎだぜまったく
 清々したぜ マブダチ

 幸せになってくよれな 友よ
 俺達の自慢のマブダチよ
 君を愛する誰もが祈ってる
 幸せにしてもらいなよ 友よ
 愛のリングの世界王座
 いつか俺らの番まで
 預けておくぜ マブダチ

 運命の旅が始まる
 運命の旅に出掛けよう




次の出番まで箪笥の肥やしにしておこうと思います。


スポンサーサイト
News | Trackback(0) | Comment(0) | EDIT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。