独り言日記です。のんびり気ままに想ったこと書き綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | EDIT
「静」の日
1ヶ月振りの連休。いぇーい。

1日目は「静」の日、2日目は「動」の日。

今日は1日中ほとんど寝てた。
いつもの休みの日と変わらず、できるだけ体力回復。
無為に過ぎるこの数時間・・・。
いいや、決して無駄ではないっ!って自己暗示。
睡眠時間を貯めることができたら、ってよく思う。
貯めておいた睡眠を小出しにして調節できたらいいのにね。

泥のように眠るわたしを見て、母親は少し呆れ気味。
健康・身体への気遣い・心配が最近は説教染みてきた。
毎日のように、栄養のバランスの取れた食事を云々・・・
もっと早く帰宅して早く寝る努力を云々・・・
薬を毎日ちゃんと飲んで定期的に病院に行け云々・・・
お母さん、感謝はしてるのよ、ほんと。有難い限り。

今日は久しぶりに家で料理を。
わたしは料理を「しない」だけで、「できる」と自負している。
家庭的なイメージがあるのかないのか知らんけど、
小中学校のころは週に何回かは夜ごはん作ってたんで。
そして、(友達の家でみんなでごはん作る場合は別にして)
作るなら完全に自分一人だけで作り上げたい。
中途半端に手伝ったり、手伝われたり、まどろっこしいの。

今夜は母親が夜に出かけるので代わりに台所に立つ。
言い渡されたメニューは青椒肉絲(チンジャオロース)とその他。
むかーしバイトしてた中華レストランのルースーが大好きで、
記憶をたどりながら適当に作ってみる。実は、適当に作るの得意。
和食でも洋食でも中華でも、炒め物系なら適当に材料準備して、
適当に調味料合わせて、適当にとろみをつけるのが好き。

うん、美味しい。
Cook Doのレトルトよりも、母親が作るのよりも、美味しい。
同じ味は二度と再現できないけど。

姉曰く、料理は作ってる最中に無心になれるから良い。
たしかにね、料理の出来上がり以外のこと考えないかも。
でも食事療法というツールで医療に携わる管理栄養士の姉から、
「料理は無心になれる」って言葉が出てくるとは。
むかしから我が家は医者にかかってばっかの家だけど、
たぶん今は姉が家族の中で一番病んでます、精神的に。
がんばれ、姉よ。妹は見守ってるよ。

先日、ついにやっとようやく、眼科に行ってきた。
視力が0.4に落ちてた。これはそーとーな衝撃!!!
しかも「回復する見込みはない」と先生に言われてしまった。
「生活が不便なら眼鏡かコンタクト作ったほうがいいですよ」
で、診察を終わらせようとする言葉少なな先生に、
食い下がってなんとか目薬を処方してもらう。気休め程度に。

この目薬「ミドリンM」がなかなかの曲者で。
瞳孔を開いて筋肉の緊張を緩和させるとか何とか。
寝る前に点眼するように言われてたんだけど、
効き目が5~6時間あるらしく、3時とか4時に点眼すると、
朝起きてもまだ瞳が開いてるから日光が眩しくてしょうがない。
パソコンの画面を見るとチカチカして余計に疲れる。
うぬぬ。出勤時間を逆算して早めに点眼すると5分もしないうちに、
筋肉が弛緩してピントの調整力が麻痺してるらしく、
今度は近くのものが見えなくなっちゃう。
字が書けない、本が読めない。これは困ったー。

要は、わたしの睡眠時間が5~6時間あればいいって話だ。

いずれにしろ、仮性近視ではなさそうなので、
近いうちに眼鏡デビューな予感です。
スポンサーサイト



Home | Trackback(0) | Comment(0) | EDIT
Comment
Contribution of comment











 管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。