独り言日記です。のんびり気ままに想ったこと書き綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | EDIT
トンフル
豚インフルエンザ、改め、
新型インフルエンザA型の最新ニュースには敏感なうちの業界ですが、
ゆーべは会社の飲み会で深夜まで居酒屋で酒盛り、
その後は朝までカラオケ、早朝6時にオフィスで2時間ほど仕事して9時に帰宅、
シャワー浴びたら目が覚めちゃったので映画を1本鑑賞、
昼過ぎにベッドに入りダラダラと過ごし、夕方に起きてTVを見るまで、
「横浜の男子高校生に新型インフルの疑いあり」
というニュースを知りませんでした。

わたしが卒業した母校です。
驚きよりも、ショックが大きくて・・・。
インターネットで昨夜からのニュースを順に追って見ているところで、
「検査結果は陰性」という速報ニュースが飛び込んできました。
本当に良かったです。早く快復するといいね。

今回の事態にうちの業界は対応に追われ困窮しております。
新型インフルの問い合わせとキャンセルの連絡が相次ぎ、
メキシコ方面以外は通常通りの取消料がかかることに
なかなか納得してくれない人も少なくありません。
全方面に特別措置や規定を設けていたら、うちの会社は潰れてしまいます。
今後どうなるのかはわかりませんが。

思い返せば3日前、まだフェーズ3のころ、
友人の友人の予約が豚インフルを理由にキャンセルになりました。
GWど真ん中のピーク日程で、出発日の2週間前にキャンセル待ちで預かり、
その5日後に最安値のチケットで席を用意した記録です。
プロの意地にかけて公休出社も厭わずに頑張って確保した貴重な席です。
航空券もすでに発券済みで、取消料が4万円もかかっちゃいますが、
止むを得ずキャンセル・・・会社からGWに海外渡航禁止令が出たそうです。

その時は本当に悔しくて、悔しくてしょうがなくて、
ぶつけようのない怒りの矛先は「忌々しい憎きインフルエンザ」でした。

が、今日の報道を見て少し見解が変わりました。
「疑いのある人第1号」がたまたま母校の後輩であったというだけで、
新型インフルエンザを以前よりも身近に感じてしまいました。
怨みつらみの対象であったそれは、恐怖の対象へ。

わたしが旅行を手配したお客さんが、もし感染してしまったら?
そう考えると本当に恐ろしくなってきます。
それより、今旅行中のわたしの友人が感染してしまったら?
健康体で無事に帰って来てくれることを祈るのみ。

9.11事件やSARSのときのような混乱はないけど(当時はまだ入社前)、
一刻も早くこの非常事態が収束へ向かって欲しいです。
世界情勢や保健衛生などに振り回されっぱなし・・・
こればっかりはしょうがないね、旅行業界は。

早く世の中が落ち着きますよーに!
スポンサーサイト



Work | Trackback(0) | Comment(0) | EDIT
Comment
Contribution of comment











 管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。