独り言日記です。のんびり気ままに想ったこと書き綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | EDIT
傾いた天秤
ヘルプだと聞いていたのに、実はインターンシップだった。。。

あのー、意味合いが全然違うんですけど!!!

ヘルプで行ってやろうなんて上から目線の驕りはないけど、
何のために行かされるのか、人事が何を目的としているのか、
そもそも以前からあるシステムなのか、いまだによくわからない。
異部署体験?異部署交流?みたいな?

3ヶ月間のインターンが終わろうとしているころ、
ついに人事担当者と面談する機会がやってきた。
「希望通りになるかどうかはわからないけど、
 ここに残るか、店舗に戻るか、希望はどっち?」と聞かれて、
初めて自分には残るという選択肢があると知った。

正直、悩みました。えぇ、かなり迷いました。

実際にコールセンターに来てみたら、
それまでのネガティブなイメージはかなりなくなっていた。

×目標は高すぎる。
○でも仕事量はある程度は自分でセーブできる。
 (営業職としてそれはどうかと思うけど)
○店舗と比べて優遇されていることもあるし、
○やらなくていい業務も多い。(特にビラ配り!)
○土日祝と早番の日は早く帰れることもある。
○アジア方面セクションなので比較的簡単な手配内容が多いけど、
×そのぶん客単価が安い=お給料が安い。
○国内旅行の問い合わせはほぼない。
×専門外(アジア以外・国内)の苦手意識がどんどん強くなる。

店舗に戻る場合、まず神奈川エリア内のどこの店舗かが未定なので、
×場所によっては、新宿よりも通勤が不便な可能性がある。
×また店舗によっては、年中無休毎日21時まで営業なんてところもある。
×国内を含め全方面の問い合わせを受けなければいけないし、
×業務は非効率だしやらなくちゃいけない業務も増える。

神奈川エリアに戻ることは、ある意味、賭けみたいなものかもしれない。

迷ったあげく、戻りたいと思った。
条件が悪くなる可能性もあるけど、やっぱり戻りたいと思った。
その理由は、ただ純粋に、神奈川に愛着があるから。

神奈川エリアなら大抵どの営業所にも、誰かしら知っている人がいる。
名前は知ってるけど顔のわからない人や、
何度か見たことはあるけど名前が出てこない人や、
同期や先輩や後輩や、エリア内の横のつながりがある。
だいぶ数が減ってしまったけど、入社時の同期の存在は大きい。

そういえば人事担当者が言っていた。
千葉や埼玉の人は地元にこだわらない人が多いけど、
神奈川の人は神奈川を好きな人が多いって。
前エリアリーダーの人望も厚かったしね。

もともとわたしは、社内の人間関係はドライな方だ。
仲良しではあるけど、あんまり深いプライベートには入り込まない。
そんなわたしが、人間関係を理由にして、
神奈川エリアにこんなに執着しているとは、意外な発見だった。

たしかにコールセンターも捨てがたい。
でもわたしの原点は店舗にある。
店舗の方がめんどくさいこといっぱいあるけど、
やっぱり原点に戻ろうじゃないか。

そして、数日後に言い渡された辞令は・・・「あと1ヶ月待ってね」

って、おい!!!

3月最終稼働日の前日の夜に1ヶ月先送りって言われた。
まぁ、残り1日で異動しろって言われても困るんだけどさ。
うちの会社はどーしていつもこーも直前なわけ。

でも、自分の中で迷いがなくなって、
その意思表示をちゃんと上司に伝えてからの1ヶ月は、
気持ちが楽になって異動が待ち遠しくなった。

自分の意思で今後の方向性を決断することは、
わたしの会社人生の中では初めてかもしれない。
スポンサーサイト



Work | Trackback(0) | Comment(0) | EDIT
Comment
Contribution of comment











 管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。