独り言日記です。のんびり気ままに想ったこと書き綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | EDIT
忘れること勿かれ
これほど有名な花言葉はないんじゃないか、
ってくらいわかりやすい。
勿忘草の花言葉はもちろん、「わたしを忘れないで」
ほかにも、「真実の愛」「誠の愛」「記憶」ってのがある。

英語名の“forget-me-not”に由来していることも有名。
さらにその由来は、ドイツに伝わるある悲恋話から。
でも、これは簡略。
死に行く者がこの花をかかげて叫んだ、「僕を忘れないで!」
だからドイツ語名も“vergiss-mein-nicht”

愛の言語の国でも、
さぞかしロマンチックな名前なんだろうと思ったら、
フランス語では“myosotis”・・・ってなんだろ。
これは、葉っぱが短くて柔らかいことに由来し、
ギリシャ語の“myos(はつか鼠)”+“otis(耳)”が語源。
鼠の耳かぁー触ったことないからわかんないな。
ちょっと興醒め。



Forget Me Not

Listen to my plan to call him back
'cause I'm very bored
Things seem so simple
except love and what Heaven knows
But I know the trick of finding him
even in a beehive

Hackneyed phrases can be used today
as downers
Deadly weapon and words are the same for lovers
you'll see
I know the magic of making him
miss me at the daylight

Under the bed
I hid forget me not
everywhere
he can smell forget me not
forget me not

If he forgets me,
am I supposed to forget him too?
He never promises me
so I can never blame what he'll do
I hope the scent of forget me not
will make him really uptight

tu tul tu
tu tul tu tu tu...

Under the bed
I hid forget me not
everywhere
he can smell forget me not
forget me not

lyric, music and vocal by Bonnie Pink


この詩をフランスに送ります。
スポンサーサイト



Monologue | Trackback(0) | Comment(0) | EDIT
Comment
Contribution of comment











 管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。