独り言日記です。のんびり気ままに想ったこと書き綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | EDIT
ミスターレッド
木曜日の深夜1時すぎ、人も疎らなJR川崎駅西口。
赤いTシャツを着た30代の白人男性に話しかけられる。

"Do you speak English?"

2秒考えて首を横にふった。
別に怪しそうでも危なそうでもなかったけど。
ただめんどくさかった。

ビジネスマン風ではないミスターレッドは観光客でもなさそう。
しかしここらへんに住んでいるには不慣れ。
こんな時間にこんな場所で何してるんだろう。

しきりに辺りを見回しては英語を話せる人物を探しているようだ。
ベンチで泥酔しているサラリーマンにも声をかけ、
並んでいるタクシーの運転手にも声をかけ、
次のタクシーの運転手にも、その次のタクシーにも・・・。

そんなミスターレッドを尻目にわたしはタクシーに乗り込む。
今夜のおしゃべりな運転手さん曰く、
「さっき外国人のお客さんがきたけどねぇ、
 タクシーの運ちゃんに英語を話せるエリートはいないですよー」

あーぁ、助けてあげればよかったな。

ミスターレッドはあのあと英語を話せる人物を見つけられたのだろうか。
ちゃんと行きたい場所にたどりつけたのだろうか。

自分の冷たい行動に後悔が募る。
忙しくて「心」を「亡くす」ってこーゆーことだろうか。

ごめん、ミスターレッド!
スポンサーサイト



Monologue | Trackback(0) | Comment(3) | EDIT
Comment
その気持ち、すごくよくわかる!
本当に後悔は先にたたずだよね。。。
僕も一回経験しました。。。
僕の場合は、なぜか韓国語で聞かれて、面倒くさかったから、日本語で返して、終わりました。。。
ん~、もっと親切にしてあげればよかったなぁと後悔しています。
...2006/07/13 03:29URL / tatsu [ EDIT]
>tatsu
ねね、日本人は冷たいって思われちゃったかも。
外国に独りでいる心細さはわたしにも経験あるのに。
次に迷える子羊に出会ったら愛の手を!
...2006/07/13 03:45URL / 陽子 [ EDIT]
うん!心がけます。
...2006/07/13 11:33URL / tatsu [ EDIT]
Contribution of comment











 管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。